包茎になりやすい男性とは?

包茎は遺伝的な要因があるといわれているのですが、包茎になりやすい男性はペニスが小さいといいます。小さい理由の中には体の中に埋没している、これを解消できれば陰茎長を長くできるなど長茎術や亀頭を大きくする亀頭増大術など包茎手術以外のオプションを追加することで男性器をより大きくすることは可能です。

包茎手術は亀頭を覆いかぶさるような包皮を切除する手術で、一般的な包茎手術は男性器をできるだけ伸ばしてから余分な包皮を環状にカットする、環状切開術と呼ぶ手法です。

輪切りに切除してから縫合するなど工程そのものは容易に思えますが、専門医の中でも経験が豊富な医師による包茎手術は術後に傷跡がわかりにくいなど、包茎手術を受けるときには口コミを利用して評判を持つクリニックを使うことがポイントになってきます。なお。口コミの中には包茎手術に加えて亀頭増大術、長茎術などのオプションを追加した人の情報も見ることがあります。

真性包茎はペニスの先細りが起こりやすい?

包茎手術を受ける男性は仮性包茎や真性包茎など、包皮の長さによる違いを持ちます。仮性包茎は勃起すると皮がむけますが真性包茎は勃起しても亀頭部分は皮に覆われているなど、無理をして皮をむこうとする痛みを伴うなどからも、お風呂に入った時など痛みをこらえながら洗うなどが必要になって来ます。

包茎手術を受けることで、亀頭部分は露出できるようになりますし、最初の内は亀頭への刺激があるので痛みが起きることもあっても時間とともに刺激に強くなります。

亀頭が包皮に覆われている期間が長い場合、亀頭自体の成長も悪くなり先細りと呼ぶ現象が生じやすくなるため、亀頭増大術を検討する男性も少なくありません。口コミには包茎手術と亀頭大術もしくは長茎術も併せて行った人の体験談が記載されていることもありますが、口コミをいろいろと調べて行くとこれらの追加施術を受けなくても包茎手術だけで自信を持つことができるペニスを手に入れた人の口コミを見ることもあるため、一概に亀頭増大術や長茎術を同時に行う必要があるとは言い切れません。

まとめ

亀頭増大術はヒアルロン酸などの成分を注入、ペニスの亀頭部分を大きくする施術です。包茎手術を行うクリニックの多くがこのような美容形成術を行うことができるようになっていて、包茎手術のカウンセリングの時に勧められるケースも少なくありません。

包茎手術とは別の施術になるのでオプションの取り扱いになり、注入する量が多くなればなるほど亀頭は大きくできますが、費用も高くなるのが特徴です。口コミの中にはオプションを使わなくても満足できるペニスになったなどの評価を行っているクリニックもあります。