自分の趣味やこだわりをいかして、家作りや部屋作りをしたいという気持ちが膨らんでいます。
大掛かりで高額の費用が掛かるオーダーリフォームは難しいのですが、趣味の料理を自分好みのキッチンにしたいという気持ちは膨らむ一方です。
デザインにも機能にもこだわったキッチンは、なかなか既成のユニットキッチンではない物で、カタログを見比べていると目に留まるのはオーダーキッチンばかりになってしまっています。
我ながら贅沢だなあと思う反面、憧れが膨らんでいきます。

料理は好きだしオーダーキッチンは憧れ

キッチンにはオーブン機能付きの電子レンジや炊飯器、ブレンダーや調味料などが所狭しと並び、引き出しを開けると鍋やフライパン、グラタン皿に食材などがこちらも所狭しと詰め込まれています。
物を少なくしたら、すっきりとしたキッチンになるかと思いきやそうでもなくて、やっぱり必要な物は必要なのです。
実際に困っているのは、料理が好きなので手際よく調理をしたいのに、作業スペースが電化製品や調味料などに侵入されて手狭になってしまっていることです。
おしゃれな料理番組や料理本のようにすっきりとした広いオーダーキッチンで料理をすることは憧れです。
デザインにもこだわりたいし、オーブンと食器洗い乾燥機をビルトインにして、広いアイランド型の調理台のオーダーキッチンで料理ができたら、手の込んだ料理はもちろんスイーツづくりもできそうな気がします。
何より、オーダーキッチンで料理をすること自体を楽しめそうなので、憧れは募るばかりです。

これからも独身だと思うと、夢のまた夢…

オーダーキッチンで、料理をしたいけれども独身なので、作ってあげる相手がいるわけでもなく子供がいるわけでもなくと思うと贅沢すぎるのかなあ、夢のまた夢なのかなあと思っていました。
ずっと独身だとしたらずっと憧れのオーダーキッチンで料理ができないと気づき、がっかりしている自分にも気づいてしまったりしていました。
でも、よく考えたら独身なんだから自分のためにお金を使ってもいいじゃない、食べさせる相手ができたら喜ばれるじゃないと急にポジティブになりました。
自分のために憧れのオーダーキッチンを作ろう、と心に決めました。
とはいっても高い買い物なので、すぐにオーダーするわけではなく、どんなオーダーキッチンが良いか具体的に考えてみると一歩進んでみただけですが。
オーダーキッチンについて調べてみると驚くほどたくさんの種類があり、ひとつひとつ選ぶことはとても大変です。
それなりにいいお値段ですし、デザインや色なども追及すると無限に夢は膨らみます。
考えるだけでも楽しいので憧れのオーダーキッチンをひとつひとつ考えるという新しい趣味ができました。